糖化(AGE)予防食事、血管年齢と見た目年齢は同じ…NHKで紹介されました。

NHKで紹介されました。目指せ!アンチエイジング
愛媛大学医学部附属病院での研究論文です。
見た目が老けている人は、血管も老化している傾向がおよそ300人のデータから明らかになっています。
血管の老化は命に関わります。
老化の進んだ血管は壁が厚くなり、動脈硬化になります。
血管を老化させる物質は「老化物質AGEと」言われています。AGEはタンパク質が糖化して、変質した最終糖化物質です。
それが体内のあちこちに沈着し、組織を劣化させて、老化やそれにともなうさまざまな病気を引き起こします。このAGEを考える場合、重要なポイントが2つあります。1つは血糖値です。これが高いとAGEがつくられ、老化が進みます。体内に糖がたくさんあればあるほど、タンパク質が糖とくっついてAGEがつくられる。

AGEを減らす生活とは… 甘いものや炭水化物の摂り過ぎに注意!野菜を生で頂く〜タンパク質の過剰な加熱をさける。食物繊維やビタミン、ミネラルなど体の抗酸化や老廃物の蓄積を防いでくれる食品を積極的に摂る。
食べた後は太ももの運動をする。 というところでしょうか?






この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL